WEB予約 Instagram

AESTHETIC DENTISTRY審美歯科

審美歯科について

1Dayトリートメント(セレック)

最新のセレックシステムを使った
審美修復治療

セレック治療とは、最新の歯科用機器「セレック」を使った審美歯科治療のことです。コンピュータを使って詰め物や被せ物といった修復物を作製するので「短時間(最短1時間)」「高耐久」「審美的」という次世代の治療が可能です。歯のエナメル質と同等の硬さのセラミックを使用しますので、壊れる心配もありません。

最短即日できれいな白い歯へ
「セレックシステム」

セレックシステムとは、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。特殊なカメラとコンピュータを使って修復物を作製するので、従来のように型を取る必要がなく、短時間で精密な詰め物が完成します。最新の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現。そのあとはコンピュータの3D画面上にて詰め物の形を設計し、ミリングマシンがデータをもとに詰め物を作製します。院内で修復物を作製できて、高品質なオールセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、治療期間も最短1日と非常にスピーディーです。※症例により型取りが必要な場合もあります。

当院のセレック治療の特長

  1. 治療にかかる時間が短時間 最短1日の通院で詰め物をセットできるため、通院の頻度が少なくて済みます。15年後の残存率を調べた臨床研究によれば、通常の治療では約68%なのに対し、セレック治療は約93%と非常に高い結果を出しています。
  2. 歯の色をより自然に美しく整える 詰め物を院内で作製するため、歯のお色が天然の歯に合わせやすく、より自然に輝く美しい詰め物が完成します。また、着色や変色がしにくく、より美しい状態をより長く保つことができます。

セレック治療の流れ

  1. スキャン(型取り) 歯を削ったあと、3D光学カメラで口腔内を撮影します。患部をスキャンするだけなので、型取りは必要ございません。わずか数秒の作業で、患部の歯列がモニター上に再現されます。※症例により型取りが必要な場合もあります。
  2. 設計 コンピュータの3D画面上で修復物を設計します。モニター上で歯の形態や噛み合わせの調整を、あらゆる角度から行い、理想的な形にしていきます。設計後は様々な色のセラミックブロックから最適な色のものを選定します。
  3. 修復物作製 ミリングマシンが設計データを基にセラミックブロックを加工します。ミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)が、コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、修復物を精密に整えていきます。
  4. 口腔内セット 口腔内へセットして治療完了です。先進的な接着技術を用いて、削り出されたセラミック歯を口腔内へセットします。これで治療完了となります。なお、Step1からStep4までにかかる時間は、最短1時間程度です。

補綴物の種類

オールセラミック

メリット ・変色がない
・生体親和性に優れている
・金属アレルギーの心配がない
・プラークが付着しにくく虫歯になりにくい
・天然歯にかぎりなく近い色なので目立たない
デメリット ・保険適応外のため治療費が高くなる
・素材が固いので、咬み合う歯を傷つけることがある

ジルコニア

オールジルコニアクラウンとはその名の通り、ジルコニア素材のみで作られた被せ物です。ジルコニアの特徴である、耐熱性・耐久性・耐食性および柔軟性や生体親和性に優れています。もちろん審美性も高いのですが、ジルコニアセラミッククラウンのようにセラミック加工を施していないため、やや透明感に欠けます。審美性が求められる前歯よりは、強度や柔軟性が求められる奥歯に適していると言えるでしょう。

メリット ・自然な白色
・ほとんど変色しない
・金属アレルギーにならない
・摩耗に強く耐久性に優れている
・清潔感がありプラークがつきにくい
デメリット ・健康保険適用外のため費用がかかる
・ジルコニアセラミックに比べ、やや透明感に欠ける

銀歯

メリット ・安価
デメリット ・金属アレルギー
・審美的に劣る
・虫歯になりやすい