WEB予約 Instagram

WHITENINGホワイトニング

ホワイトニングについて

しっかりと白く、早く、安く

プロによるホワイトニング

内容 価格(税込)
オフィスホワイトニング 11,000円

自宅で簡単ホワイトニング

内容 価格(税込)
ホームホワイトニング 11,000円

クリニックと自宅で完璧ホワイトニング

内容 価格(税込)
デュアルホワイトニング 22,000円

美しさは口元からつくる

いつもきれいな歯でいたいなと思ったら、歯磨きは欠かせません。しかし、たとえ毎食後きちんと歯磨きをしたとしても、完全に汚れを落とすことはできません。なぜなら、タバコはもちろん、日頃なにげなく口にしているコーヒーや紅茶、赤ワインが、歯の着色の原因となるのです。また、歯の色も肌の色と同じように、実は生まれつきのもので、個入差があります。

美しい歯といえば「白い」というイメージがありますが、本来の歯の色は単純な「白」ではありません。 このように歯が「白くない」原因は、先天的なものと後天的なものがあります。それぞれのケースにあった、それぞれの「美白」の方法があるのです。

歯の着色の種類

歯の着色の原因には、外因性(エナメル質表面)の着色と内因性(エナメル質内部)の着色の2つがあります。

  • 外因性の着色とは、ヤニや茶シブなどの表面について汚れです。外因性着色は歯のクリーニングで除去します。歯石除去や簡単な着色は保険治療で行うことができます。
  • 内因性の着色とは、歯そのもの、エナメル質内部の黄ばみです。内因性着色は漂白作用のある薬剤で除去します。いわゆるホワイトニングと呼ばれるものです。保険治療では行うことができず、保険外治療となります。
外因性着色除去

外因性着色除去には「歯のクリーニング」が必要です。内因性着色の除去(ホワイトニング)を行う前に、外因性着色の除去を行う必要がありますので、「歯のクリーニング」を受けていただきます。

  • 歯垢、歯石を取ることでホワイトニング剤の薬液の効果を最大限に引き出します。
  • ホームホワイトニングの時に使用するカスタムトレーの適合が良くなります。
  • ホワイトニング剤が歯の表面の汚れを分解することで、無駄に消費されることを防ぎます。
内因性着色の除去(ホワイトニング)

「ホワイトニング」とは歯をより白くする治療全般を指す言葉ですが、一般的には「歯の漂泊剤(ホワイトニングジェル)を歯に作用させて歯を内部から白くする」方法を指します。ホワイトニングには、大きく分けて以下の3種類があります。

  1. ホームホワイトニング
    (お家でじっくり行うホワイトニング)
    ホームつまりご自宅で患者さん自身が行う方法です。ご自宅でマウスピースの中に低濃度のホワイトニング剤を入れ、家で毎日2時間くらい装着してじっくり歯を白くする方法です。歯型をとって、患者様専用のマウスピースをおつくりし(マウスピースの作成のために受診する必要はあります)、マウスピースにご自身でホワイトニングジェルをいれて、1日2時間以上装着していただき、就寝中にもホワイトニング可能です。初日だけはしみる症状や痛みが出ないか確認するために2時間以内の装着にしていただき次の日からは2時間以上または就寝中に装着していただきます。オフィスホワイトニングよりも効果はゆっくり(白さ実感には2週間程必要)ですが、白くなる限界値は高く、効果の持続性は優れています。
  2. オフィスホワイトニング
    (診療室で短時間で行うホワイトニング)
    デンタルオフィスつまり歯科診療室の中で行うホワイトニングのことです。高濃度のホワイトニング剤にLEDやハロゲンなどの光エネルギーを加えて薬剤の効果を高め、短時間で歯を白くする方法です。1回のホワイトニングで、その日のうちに歯を白く出来ますので、ホームホワイトニングよりも、簡単、楽で、短期間で済みます。しかし、効果の持続性という点ではホームホワイトニングより劣ります。
  3. デュアルホワイトニング
    (2つのホワイトニングを併用するもの)
    ホームホワイトニングと、医院でおこなうオフィスホワイトニングを併用する方法です。2つの方法の長所を生かし、欠点を補う最も 効果的でお勧めの方法です。2つの方法を併用しますのでデュアル(2つの、2重のという意味)ホワイトニングといいます。ホームホワイトニングのオプションとお考えください。
ホワイトニング終了後のお手入れ
(メインテナンスと再ホワイトニング)

ホワイトニングして白くなった歯の色は、永遠に保つわけではありません。日常の生活の中で徐々に色素が沈着して後戻りしていきます。後戻りを防ぐためにお手入れが必要です。